スタジオ エルアイレ(フラメンコスタジオ・教室)

〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3丁目33-14 小笠原ビルB1
(橋本ルシア フラメンコ教室・東京)
JR中央線、総武線、地下鉄東西線、高円寺駅より徒歩3分
TEL 03-5373-0651・03-3336-6066
FAX 03-5373-0652


↑橋本ルシアフラメンコ舞踊研究所携帯サイトQRコード↑

橋本ルシア フラメンコ舞踊研究所(東京都杉並区高円寺 - フラメンコ教室)

1984年開設。研究公演とライブなどを経て、スペインに渡り向こうで活躍する者、日本で教室を開く者、舞踊団員となって活動する者など様々ですが、生徒数に関係ない生徒の目的に応じたきめ細かい授業という指導方針は全く変わっていません。現在の高円寺にあるスタジオは1998年に開設。生徒は杉並区・高円寺に限らず、東京23区から、また遠方では静岡、栃木、茨城からも通っています。茨城から通って10年程になる研究生はもうすでにライブなどでも活躍しています。彼女はまた優秀な看護師さんでもあり、たくましい生き方であると思います。それから小学1年生の時から通っている子も、今や大学2年生、手も足もうらやましいほど長くしなやかで典型的な八頭身美人です。今後が楽しみな一人です。また、精力的に仕事をしながら21:30のクラスに通い続け、そこから何人ものソリストが誕生したことにも感慨深いものがあります。

橋本ルシア フラメンコ舞踊研究所 舞踊団代表

東京大学文学部哲学科卒業。来日中のメルチェ・エスメラルダ、ローリー・フローレス、ラ・トレアに師事しながら新宿ACホールにて3年間レギュラー出演。その空間で様々な実験的創作フラメンコ舞踊公演を行い、1983年連続公演終了後スペイン留学、スペインではマノレーテ、エルグィード、シロー、ロシオなどに師事。
スペイン留学中マノレーテから、スペイン巡回公演に誘われるが滞在期間の調整できず帰国。1989年来日したマノレーテとリサイタルを行う。その後ホセ・ルイス・ポンセとリサイタルを行い、単独のリサイタルでは「赤と緑の幻想」「アルバセーテの匕首」などを上演。詳細は「Profile」、「フラメンコステージ」参照。

2004年9月「フラメンコ、この愛しきこころ-フラメンコの精髄-」を上梓。
2007年8月「フラメンコ読本」(晶文社」)の中で「バイレとは何か」を執筆。

フラメンコ舞踊家(スタジオ エルアイレ主宰)
[所属関連団体] 社団法人 現代舞踊協会

Message

メッセージ一覧を見る»

Information

インフォメーション一覧を見る»